腰臀部痛と内臓・腹膜系のギックリ腰
2018.08.24
筋骨格系を中心にアプローチしている皆さん!

自分の施術に満足していますか?







施術後は改善するが繰り返しになって中々治癒しない、すっきりしないなど、施術に行き詰ってしまう経験がある方が多いのではないでしょうか?

 なぜ、そうなのか?考えたことがありますか?
ここで簡単な症例を紹介します。

ぎっくり腰




 しゃがんで草むしりをしていて、立ち上がろうとしたら急に腰で痛みが走り、動けなくなった。

 腰部の全ての可動性が著しく制限され腰椎に押圧痛。腰部前弯が消失し右前に傾斜。左ケンプサイン陽性で左下肢への放散痛。

 整形外科にてL4/5左の椎間板ヘルニアと診断された。接骨院やカイロなどで施術を受けたが、ほとんど改善しない。

1週間後に当院に来院。

 虫垂炎手術の既往があり、癒着や腹膜緊張があったので、盲部を中心に施術を施し1回の施術で症状消失。





何故、こんなことが起きるのでしょうか?

カイロプラクティックには、カイロトライアングルと言う考え方があります。



構造的な問題・生化学的な問題・精神的問題の3つの要因が多かれ少なかれ関連し合って病気になっていると言うのです。

構造的な問題は筋骨格系のアプローチで改善できますが、病気の原因の一因でしかすぎません。他の問題が原因であれば片手落ちです。

当然、生化学的な問題に対しては、内臓の施術も必要ですし、栄養指導やサプリメントも必要になってきます。

また精神的問題に対しては、脳神経や精神に働きかけることも必要です。

9月のKOセミナーでは、腰臀部痛に対する内臓・腹膜系の考え方・検査・施術方法などをわかり易く解説し精鋭の講師陣がマンツーマンで指導いたします。




ニューKOセミナー詳細→コチラ



申込→コチラ
2018.08.24 09:28 | 固定リンク | 症例
事務局からのお知らせ
2018.05.26
KOセミナー募集のご案内




ニューKOセミナー(第3クール)が1週間後に迫りました。

まだ、空きがありますので、受講希望の先生はお早めにお申し込みください。

インターネット申込はこちら







会員証発送のご案内







5/18までに年会費を収めていただいた先生に

平成30年度の会員証A4サイズと

携帯用(名刺サイズ)の会員証を本日発送いたしました。




近日中に届くと思いますので、しばらくお待ちください。




5/19以降に納入していただいた先生に関しましては順次お送りしていきます。







事務局お休みのご案内







事務局長・阿知波がセミナーで出かけるため、




5/26(土)~5/28(月)




まで事務局はお休みとなります。

御用の場合は阿知波の携帯090-4080-3127までお電話ください。
また、メール、FAXは随時受け付けております。
2018.05.26 08:54 | 固定リンク | JSC会員向連絡
野球の打率もアップする【視野認識バランス調整】
2018.05.18
ニューKOセミナー講師担当の荒木寛志です。

突然なんですが、ここで問題です。




Q)この写真は何をしているのでしょうか?






答えは

A)視野認識のバランスを調整

視野と言っても神経学でいう所の視野ではありません。




簡単に説明しますと




眼には左右の視野の認識を




網膜→視交叉→視床(外側膝状体)→視覚野



という経路で伝わります。




そして頭頂葉で奥行と位置、側頭葉で物体(顔など)を忍されます。




ある高校生野球部のケースでは、4番バッターなのに3試合ほど全て三振。

当人も親も何故なのか?不安におちいっていました。

観てみますと左打ちなのですが、右眼の右視野の認識が他の視野よりも劣っていました。

ピッチャーが投げたボールは彼の右側から向かってきますが、

右側が認識不足であるとボールは中々当たりません。




そこで右視野の経路で流れの悪い箇所を瞼に手を当てて通りを良くしました。




数日後、高校生最後の試合。
彼に打順が回って来ました。




さて、どうなったか?




試合後にその彼から電話が掛かって来ました。

私「どうやった~?」

彼「先生、打てました!」

私「そうか!それは良かった!」

彼「三打数三安打で最後はホームランでした!」

私「何故そんなに打てた?」

彼「ボールが止まって観えたんです!」




これは事実なんです。




大学生になって野球部に入部。
1年生でベンチ入りするほどになっています。




このようなケースではバットを何百回、何千回振って練習しても無理です。




それに気づいて施療してやれるテクニックが必要なのです。




来月6月2・3日から始まる「ニューKOセミナー」では、

色々な部位の問題を色々な領域別に観ながら検査と施療テクニックを教えます。







このテクニックで全てOKというセミナーもあるでしょう。




JSCではどのようなケースであっても可能な限り対応できる知識とテクニックを学べるセミナーを行います。




申し込めばホテル込みになっていますので、自分でホテルを探す必要はありません!!!(^o^)v




興味のある方はお早めに(^O^)/




インターネット申込はこちら




ニューKOセミナーの詳細はこちら


2018.05.18 09:26 | 固定リンク | テクニック解説

- minokichi -ログイン